髪の毛の状態

シャンプー・リンスとの関係

育毛剤を利用する際、頭皮が清潔になっているかどうかということがとても重要になります。
頭皮が清潔で育毛成分をよく吸収するようになっているかどうか、そのためにも、シャンプーをしっかり正しく行なうということは、必須事項です。
せっかくの育毛剤も、頭皮が汚れている状態では頭皮環境が悪化するだけです。
毛穴部分に余分な脂質がついていたり、毛穴に汚れが詰まっているという状態では、育毛成分もよくしみこまなくなってしまうので、まずは汚れを除去するということが必要になります。
正しいシャンプーの方法を理解し、汚れをきれいに除去してから育毛剤を塗布するということが必要ですね。
こちらに育毛シャンプーの正しい使い方が載っています。
こちらを参考にして頭皮環境を整えてみてください。

ではリンスはどうなのか?というと、リンスというのはシャンプーなどで失われてしまった油分を補給してくれるもので、毛髪が柔らかくしなやかになり絡むこともなくなります。
静電気防止効果もあるため、髪の毛にほこりがつきにくくなるという役割も持っています。
トリートメントは毛髪に影響を与えてくれるもので、リンスは表面的な働きかけであるのに対し、トリートメントは毛髪の内面的な効果が期待できます。
リンスは毛髪につけたら洗い流す、トリートメントは毛髪につけたら一定時間を置いて洗い流します。

いずれもポイントは頭皮にはしみこませないということ。
リンスもトリートメントも毛髪に栄養を与える、表面を整えるというものであり、頭皮に栄養をしみこませるというものじゃないんです。
つまり、毛髪にだけ作用してくれればいいものなので、頭皮にしみこませず、髪の毛表面に塗布するように行なうといいと思います。

毛髪にとっては栄養成分豊かなリンスやトリートメントでも、頭皮には必要ない成分が多いのです。
正しくシャンプー、しっかり洗い流す、毛髪だけにリンスやトリートメント、しっかり洗い流す、そして頭皮をドライヤーなどでしっかり乾燥させてから、育毛剤を利用しマッサージなどを行なうというのが、育毛剤、シャンプー、リンスの関係となります。
Copyright(C) 効果的な使用方法 All Rights Reserved.