髪の毛の状態

海外の育毛剤について

海外でも薄毛や抜け毛などに悩む方は多く、育毛剤の研究などが進められています。
日本よりも効果が期待できる成分が利用されているなど、非常に魅力ある商品もあるのですが、やはり、効果が高いということは副作用の危険性もあると判断し、用法や容量などをしっかり守る必要があるのです。

海外の育毛剤についても、日本同様、成分的に種類分けがされていますが、その中でも代表的なものがあります。
プロペシア、フィナンペシアなどは皆さん聞いたことがあると思います。
男性型脱毛症は、日本でも海外でも多く、最近は特に多くなったといわれています。
プロペシアなどは男性型脱毛症、いわゆるAGA治療によく利用されています。
その治療に効果が期待できる成分が、プロペシアに含まれているフィナステリドです。

プロペシアは塗布するタイプではなく、飲むタイプの治療薬で、1日1錠服用する錠剤として利用されています。
このほかにデュタステライド系のものがありますが、脱毛予防ということからすると、プロペシアよりもデュタステライド系のほうが効果があるといわれています。
5α-リダクターゼ抑制が期待できる成分です。

ロゲインなどで有名になったのが、ミノキシジル系の育毛剤ですが、こちらは発毛促進するということで有名です。
ロゲインはミノキシジル、血管拡張作用のあるミノキシジル配合で、2%配合タイプ、また5%配合タイプがあります。
男性にも女性にも利用できるものとして販売され、人気がありますが、その反面、副作用があるという報告が多く、利用には注意すべき点もあります。

こうした効果が高い海外の育毛剤については、利用の前にその育毛剤についての成分や、口コミなどを確認し、自分が利用してもいいかどうかをしっかり確認してください。
頭痛やめまいなどの身体に異常が出てくるということもあるため、副作用が起きないように、しっかり管理しながら利用することが必要な育毛剤です。
内容を理解しても、異常があれば即利用中止し、医師に相談するなどが必要です。
Copyright(C) 効果的な使用方法 All Rights Reserved.