髪の毛の状態

海外の育毛事情

日本は、薬品など新しいものについての認可にかなりの時間がかかります。
新しい薬や、成分についてかなり慎重なので、副作用などの心配もないといわれています。
ただ認可に時間がかかるため、新薬が世界で発表されても、日本で利用できるようになるのは数年後、また利用されるかどうかもわかりません。

海外でも育毛に関しての研究は深く、また進歩が著しいといわれています。
外用薬としては、ロゲインなどが有名ですね。
アメリカのファイザー社製のものですが、ミノキシジル配合の育毛剤です。
このほかにも、ポラリスNRやカークランドなど外用薬としての育毛剤の数はかなりの数です。

日本でも利用されるようになったプロペシアも海外では積極的に利用されています。
アメリカメルク社のものが有名ですが、フィンペシア、インドのシブラ社製のものなども利用が多くなっています。
このプロペシアは男性専用のもので、日本で利用される場合には医師の処方が必要です。

日本の場合、育毛剤や育毛シャンプーなども、医薬品のものが少なく、医薬品のものの場合、医師の処方が必要など、面倒な部分もありますが、海外の育毛製品の特徴としては、医薬品類が多いという点です。
医薬品類でも、処方なしで普通に薬局などで購入できるものもあり、やはり法律の違いを強く感じます。

アメリカなどでは、もともと髪の毛が薄くなる男性が多いということで、薄毛について日本人ほど恥ずかしいとか、何とかしたいという気持ちが薄かったようです。
また見た目からして、外人の薄毛の人、かっこいいですよね。
見た目からしてもコンプレックスになりにくいということがあったのかもしれません。

薄毛対策というと、さすがアメリカ、やることが大胆・・・と思いますが、植毛が多かったといいます。
外科的手術を行う植毛を受ける方が非常に多かったのですが、プロペシアの登場によって、育毛剤を利用するというチョイスがアメリカ人にも出てきたようですね。
やはりプロペシアの威力はすごいものだったのでしょう。
最近では、薄毛に対してのマーケットも幅広いものとなり、日本の育毛サロンをモデルとしたサロンが多くなっているという傾向も見られるようです。
Copyright(C) 効果的な使用方法 All Rights Reserved.