髪の毛の状態

育毛剤の副作用が気になる

育毛剤でも医薬品類の育毛剤には、副作用が出る場合があります。
人によっても違いがありますし、体調が悪いときの利用で副作用が出てしまったということも聞きます。
副作用があるといわれている育毛剤でも、出る人、出ない人がいますので、一概に副作用がある薬品を使用している育毛剤だから副作用が必ず出るということはありません。

一般的によく言われているのが、ミノキシジルという薬品に含まれるブロビレングリコールという溶剤が副作用を起こすといわれています。
このブロビレングリコールの副作用は、頭痛、めまい、頭皮のかゆみ、発疹、手足顔などのむくみや痺れ、にきび、胸痛、急な体重増加、皮膚紅潮、不整脈や動機などが知られています。
中でももっとも多い副作用が、頭皮の我慢できないほどのかゆみです。
ミノキシジルに含まれるブロビレングリコールの副作用が一番メジャーなもので、強く出る方もいるため、これらの成分が含まれている商品を利用する場合には、お試ししてみるなどしてから利用する、また副作用が強く出る場合もありますので、その場合、即座に服用を中止し病院で見てもらいましょう。

このミノキシジルのほかに副作用があるといわれている成分に、フィナステリド、プロペシアがあります。
ミノキシジルと比較すると副作用があってもかなり軽妙なもので、重篤な副作用は報告されていないようです。
性欲減退や胃部深いなどの症状の副作用が利用者の5%ほどにあるようですが、問題ない範囲でしょう。

ただ、プロペシアは基本的に医師の処方の元で利用する育毛剤です。
個人輸入などで利用される方も多いようですが、万が一のことを考えても危険だと思います。
重篤な症状は報告されていませんが、あくまでも医師の指示の元で利用すること、また何かの症状があったら、医師に見てもらうことなどをしっかり理解して利用しましょう。

日本国内では薬事法など厳しい基準があり、また利用できる成分なども規制があります。
そのため、日本国内の商品なら安心と、説明書などもよく読まずに利用される方がいるようです。
説明書にはこういう人は利用しないでほしいとか、こういう症状が起きたら利用中止してくださいと諸注意が書かれていますので、国内商品でも必ず読むようにしてください。
Copyright(C) 効果的な使用方法 All Rights Reserved.