髪の毛の状態

育毛剤の成分を知ろう

育毛剤には様々な商品があり、最近は男性型脱毛症、AGAについての効果があるといわれている医薬品成分配合の商品なども販売されています。
まずは育毛剤に利用されている成分はどんなものなのか?
知っておくことが必要です。

まず、血行促進タイプの成分には、塩化カルプロニウム、セファランチン、センブリエキス、ニコチン酸ベンジルなどがあります。
血流の流れを良好する、毛細血管を拡張・増強する、抹消血管の血行促進などが期待できる成分が中心となった育毛剤です。
従来は別の意図で治療に利用されていたものが、育毛効果があるということで育毛剤にも利用されるようになったなどの成分もあります。

孟母細胞活性化タイプは、チクセツニンジンやビオチン(ビタミンH)、ペンタデカン酸グリセリドなどがあります。
孟母細胞を活性化するために血行促進するもの、たんぱく質や糖質などに働きかけ乳酸菌の発育を助け白髪や脱毛に対応する、男性ホルモンの影響を受けずに孟母細胞に直接栄養を与えられる成分などが利用されています。

脂質除去タイプは、頭皮環境を整えるという意味も含まれている育毛剤で、イオウ、ビタミンB6などがこのタイプです。
皮脂を取り除く効果が高い成分や、毛根の余分な脂質を抑制し毛穴がつまらないようにしてくれる成分、また、育毛剤をより浸透させるサポート成分、皮膚の新陳代謝をアップさせ、老廃物を正常に排出させる力を促進するなどの成分が利用されています。

頭皮炎症抑制タイプは、グルチルリチン酸ジカリウムやβ-グリチルレチン酸などがこのタイプになります。
頭皮の炎症を防止、ふけやかゆみを抑制するという効果をもっている成分や、非ステロイド系の消炎剤成分があるものなど、頭皮の炎症を治め、頭皮環境を整えるための成分が配合されています。

栄養補給タイプには、亜鉛やアセチルメチオニン、イノシトール、塩酸ビリドキシンなどが利用されています。
毛髪に必要な栄養素を運ぶ役割を果たす成分や、毛髪の成長に欠かせないアミノ酸類、皮脂の以上分泌を防ぎ炎症を抑える成分などが利用されています。

保湿タイプにはオドギリソウエキス、海藻エキス、キナエキスやゼニアオイエキスなどが利用されています。
男性ホルモンを抑制する効果があるものや、脂質分解効果がある成分、毛髪の水分量のバランスをとり保湿効果を持たせ、キューティクル保護に期待ができる成分などが、利用されています。
Copyright(C) 効果的な使用方法 All Rights Reserved.