髪の毛の状態

育毛剤に種類があるの?

育毛剤には種類があります。
どのような成分が配合されているかどうかで、その種類を得分けることができます。
最近多くなっている育毛剤としては男性ホルモン抑制剤系です。
男性型脱毛症の原因だといわれている男性ホルモンをブロックするというもので、代表的なものに、プロペシアがあります。
国内では5α-Rですね。

頭皮の血行促進を促す抹消血管拡張剤系の育毛剤は、かなり商品数が多い非常に一般的な育毛剤です。
頭皮の毛細血管を拡張し、血流量を増加させ、毛乳頭へ栄養を補給します。
ロゲインやリアップなどのミノキシジル系が抹消血管拡張剤系となります。

頭皮に必要な栄養素を補給する栄養補給剤系の育毛剤は、細胞の活性化、ビタミンを補うことが中心の育毛剤です。
アランテ2薬用凌駕などがこのタイプです。

頭皮の脂質が多いというタイプの方には、抗脂漏剤系では、皮脂分泌抑制や脱毛抑制効果のある育毛剤です。
ふけ、かゆみを起こしてしまう過剰な皮脂分泌を抑制することができます。
育毛剤ではなく育毛シャンプーですが、スカルプDはこのタイプになります。

フケがよく出るという場合、頭皮の乾燥が原因となっていますが、乾燥したフケの角質軟化と水分を保持するために、保湿剤系の育毛剤があります。
女性用育毛剤によく利用されていますが、黄金樹や育毛シャンプーのラサーナなどはこのタイプです。

このほかにかゆみ予防のための消炎剤系育毛剤、皮膚呼吸関連酵素活性化を行うための頭皮代謝活性化剤系の育毛剤、皮膚を栄養とする微生物の働きを抑制するための殺菌剤系の育毛剤、角質を膨潤させることでフケを予防する角質溶解剤系の育毛剤など、様々なタイプの育毛剤があります。
こちらの口コミで評判の良い育毛剤の紹介も是非ご覧になってください。

これらの育毛剤には中心となる成分と、そのほかの成分も配合されています。
総合的に効果が期待できる育毛剤も、ここ数年多くなっています。
また女性の育毛剤が多くなったこともあり、保湿タイプなどの育毛剤が多くなっているということもいえます。
こちらに効果的な育毛剤の選び方がかいてあるので参考にしてください。
Copyright(C) 効果的な使用方法 All Rights Reserved.