髪の毛の状態

発毛剤と何が違うの?

育毛剤と発毛剤、どちらも毛髪を多くする?というものだろうという見解があると思いますが、実際に、発毛剤と育毛剤がどう違うのか?
明確に答えられる人は少ないと思います。
そこで、育毛剤などを利用する前に育毛剤と発毛剤の違いについて理解しておきましょう。

今頭皮に生えている髪の毛を健康に、太く丈夫に育てていくために効果が期待できる成分が配合されている薬剤が、育毛剤です。
毛母細胞に働きかけを行い、長期間、頭皮から毛が生えてこない毛穴から再度発毛させるための薬剤、これが発毛剤です。
ただ、薬事法的にいうと、この薬剤に明確な分けの認識はなく、カテゴリーわけを行なえば、両方とも同じものカテゴリーになりそうです。

発毛剤はすでに毛髪が生えていない部分に薬剤を塗布することで、再度生えるようにするということらしいのですが、すでに毛根が死んでしまった状態では、いくら発毛剤を利用しても生えてくるわけがありません。
ということは、毛髪が生えてこなくなっても、毛根部分が生きている状態のときに、毛根から再び発毛できるように促すのが、発毛剤、ということでしょう。
そう、結果的には育毛剤も発毛剤も同じもの、ということがいえます。

本当に何もない頭皮で、完全に毛根部分が死滅してしまっている状態で、毛根をよみがえらせるということはできないのです。
本来成長すべき毛根部分があるのになんらかの原因で成長していくことができないお休み中の毛根に働きかけを行い、発毛させる、ということなので、育毛剤とコンセプト的には変わりないということになります。
だからこそ、薬事法でも同じ取り扱いということになっているのでしょう。

発毛剤というと、最近のものには必ずフィナステリドやミノキシジルなどの成分が配合されています。
男性型脱毛症の治療薬として、米国FDAの認可があるものです。
日本でもよくこれらの成分が利用された商品が利用されていますよね。
ただ、発毛剤といってもどの人が利用しても効果があり、毛根がまったく活動していない部分には効果が期待できないものです。

まずは自分の頭皮について、どういう原因で薄くなっているのか?
成長できない状態にあるのか?という把握をすること、これが第一でしょうね。
Copyright(C) 効果的な使用方法 All Rights Reserved.