髪の毛の状態

男女で違う育毛事情

髪の毛に対しての悩みを持っている男性が多くなっているといいますが、現代は昔と比較して、女性も毛髪に関する悩みを抱える方が多くなっています。
薄毛や抜け毛に関係が深いというと、男性ホルモンがありますが、女性の場合、男性ホルモンが少ないため、薄げになることはあまりないといわれていました。
女性の場合、男性のように完全に髪の毛がなくなってしまうという状態ではなく、全体的に薄くなるという状態の方が多いのですが、これも、ホルモンの働きによって受ける影響の差です。
女性の場合、ストレスや栄養障害、また更年期障害などによって薄毛が引き起こされるといわれています。

男性の場合、薄げになる特徴としては「成長しない毛髪が多い」という点があります。
女性の場合は大量に抜けてしまったり、成長しないもうはつが多くても生えている部分の毛髪は成長していることが多いのです。
全体的に薄くなる女性と、部分的にまったく毛髪が成長しなくなる男性、かなりの違いを感じますね。

女性もひどい人になると、1日に300本くらいも抜けてしまうことがあるとか。
通常、正常である場合の1日の抜毛本数は100本程度といいますから、これは大量に抜けているということがいえるでしょう。
薄毛という状態になれば、女性も育毛剤を利用しますが、男性用の育毛剤でも、「男女兼用」と謳っていないものを利用しても、意味がありません。

男性の育毛剤の場合、毛根から生まれてくる毛髪の成長を促すという役割があるため、女性が利用した場合、産毛などがかなり濃くなるなどの可能性もあります。
濃くなってほしくない部分が濃くなってしまうなんて、困り者です。
男性の育毛剤には、女性に合わない成分の配合された育毛剤もあるため、男性用とかかれている場合には、利用しないほうがいいでしょう。
特に男性型脱毛症の治療薬となるジヒドロテストステロン阻害成分のフィナステリドは女性が使用してはならないと明記されていますので、利用してはいけません。
育毛が必要な理由も違いますし、育毛剤に利用されている成分が、男女では違いがありますので、必ず男性は男性の、女性は女性の育毛剤を利用することが大切です。
こちらの男性用女性用の育毛剤・育毛シャンプーの違いや評価人気ランキングが掲載されたサイトも大変参考になると思うのでチェックしてみてください。
Copyright(C) 効果的な使用方法 All Rights Reserved.