髪の毛の状態

薄毛、抜け毛の原因とは

加齢によるもの、また病気や治療による副作用で薄げになってしまったという場合を除くと、抜毛の要因、薄毛の要因は大きく4つに大別できます。
男性ホルモンによるもの、遺伝的なもの、さらに生活習慣、ストレスです。

男性ホルモンが過剰に分泌されることによって起こる薄毛は、最近よくコマーシャルでも見ることがあるAGA「男性型脱毛症」が原因となって起こるものです。
男性は思春期になると胸毛やひげなどが出てきますが、これが男性ホルモンによる作用です。
体毛は男性ホルモンによって成長が促されますが、毛髪はまったく逆、つまり薄毛にとってはよくないことなんです。

毛髪の毛乳頭は、体毛とは違い男性ホルモンの刺激で抜けてしまう、成長が抑制されてしまうということが起こります。
ただ、毛髪の中でも側頭部や後頭部の毛乳頭にはあまり作用されません。
男性型脱毛症の特徴でもある、頭頂部、前頭部などの脱毛は男性ホルモン過多による原因が多いといわれています。

またこの男性型脱毛症にかかわってくるのが遺伝的要素です。
通常、男性は母方の影響を受けることが多いといわれていますので、母親の髪の毛が薄いと、遺伝的要素が強く出るといわれています。
勿論、両親ともに薄毛ということになると、その要素が強くなります。
遺伝的要素が強い薄毛の場合には、10代後半から薄毛傾向が出てくるという場合もあります。

現代は欧米化の食事が多くなり、また生活習慣もかなり乱れています。
生活習慣の改善は、毛髪以外にも身体的、精神的に健康を保つ上で、必要不可欠なことです。
育毛剤を利用していても、まったく効果が見られないなど、継続的利用でも効果が出ない場合、生活習慣が邪魔をしていることもあるといわれています。
毛髪は夜、成長するといわれているくらいですから、生活習慣をしっかり整えるということは、イコール、育毛促進につながるということになるのです。

現代はストレス社会といわれていますよね。
ストレスを受けない人などいないといいますが、強くストレスを受ける生活が継続すると、毛細血管の収縮が起こり血行が悪くなることがわかっています。
こうなると頭皮にも影響が出始め、毛乳頭へ必要な栄養素が送られなくなるため、抜毛が多くなったりうまく毛髪が成長できなくなるのです。

これらの抜毛や薄毛の要因をしっかり考慮し、よくない要素はできる限り少なくしていくことが、育毛効果をより向上させる手段ともなります。
薄毛や抜け毛を未然に防ぐためや育毛剤の効果を最大限にするためには頭皮環境を整えておくことが大切になります。
頭皮環境を整えるには育毛シャンプーが良いので、使用してみてください。
育毛シャンプーに含まれている成分についてや正しい頭皮の洗い方はこちらに載っていますので参考にしてください。


Copyright(C) 効果的な使用方法 All Rights Reserved.