髪の毛の状態

アレルギーが心配

大きな副作用があるという育毛剤は、医薬品系統の強いものだけで、そのほかの育毛剤については、ほとんど副作用的な問題はないと聞きます。
でも、副作用ではなく、アレルギーというとどうなんでしょう?

アレルギーを持っている人は、育毛剤を利用する場合パッチテストなどを行うほうがいいといわれています。
医薬遺品類の育毛剤ではない場合も、アレルギー反応を起こしてしまう方がいます。
アレルギーを持っている方は、勿論、育毛剤以外でも何かの薬剤に反応してしまうことがありますが、育毛剤のアレルギーも症状的にいっても同じものです。

育毛剤の利用によるアレルギーの代表的なものは、かゆみ、赤み、発疹などがあります。
かゆみは特に強く、頭皮をかきむしって炎症を起こしてしまう方もいます。
育毛剤によっては、強い成分を利用している場合がありますので、アレルギーがある方はその成分に気を配るべきです。

重篤なアレルギー反応を起こすということは、育毛剤に関して報告はありませんが、医薬品の育毛剤は発毛剤などによく利用されるようになったミノキシジルがあります。
ミノキシジルの成分によって起こる症状は、アレルギーというよりも副作用というものになりますが、低血圧や頭痛、不整脈、胸痛、めまい、全身の痺れなど、かなり重篤になってしまうこともあるようです。
ただ確率的にいくと、この副作用的な問題もかなり低いということなので、問題はないでしょう。

ただ、こうした医薬品も、そうでないものについても、アレルギーや副作用を起こす可能性があるということをしっかり理解しておくことが必要です。
特に、頭皮にはアレルギーが出たことない、という場合でも、育毛剤のパッチテストなどをしっかり行い、アレルギーが出ないかどうか確認することが必要です。
心配な場合には、育毛剤を利用することができるかどうか、皮膚科医師に確認してみるといいと思います。
育毛剤に限らず、どんな薬品を利用するにしても、パッチテストは欠かさず行いましょう。
Copyright(C) 効果的な使用方法 All Rights Reserved.